Lazurite Basic(ラズライト ベーシック)とArduino Uno(アルドゥイーノ ウノ)の消費電力

上はLazurite Basic、下はArduino UnoのUSBポート給電での消費電力です。

機器構成はインタープランのIM920XSの無線通信モジュールをIM315-SHLD-RX-V2のArduino用シールドを載せて、その上のプロトタイプシールド上でドアスイッチをD5ポートにくっつけている感じです。単にドアの開け閉めを無線で飛ばすだけの装置。見通し通信距離7kmも通信できます。

書き込んでいるソースは以下URLから参照できます。標準関数のみ初心者でも簡単にかけるソースにしています。

https://github.com/kubotan/iot_diff

ちなみに同じ機器を使い、GNDとVINポートに5Vを同様に給電すると消費電力はさらに省エネになります。それが以下の写真です。VINからの給電でももちろん無線信号を送信できます。

上はLazurite Basic、下はArduino UnoでVIN給電での消費電力です。

もう、おどろきですが、Lazurite Basicは3mA(0.003A)しか使ってません。20000mA(20A)のモバイルバッテリー(低電力すぎて反応しない可能性があるのでAnkerの低電力モード搭載した機種がいいと思います)を使ったとしたら、

Lazurite Basicの消費電力が5.286V * 0.003A=0.015858W(h)

モバイルバッテリーは20A*5V=100Wh

駆動時間 100Wh/0.015858Wh=6305hours

駆動日数 6305.965/24=262days(計算上且つ効率100%計算なので実際とは違います)

 

これが使用した装置。左がArduino Uno Rev3で右がLazurite Basicです。

ちなみにVINから給電している風景です。

とりあえず、忘れないためのメモは終わり!!

φ(`д´)メモメモ…

 

 

環境情報を可視化してみた

ラズパイやarduinoってのは、こんなやつ

https://www.amazon.co.jp/dp/B008GRTSV6/
https://www.amazon.co.jp/dp/B07K4CV1Y8/

ちなみに動画の本格編集もはじめてやってみました。結構お金かかりますね(´・ω・`)

今回は、Wondershare Filmora9の永久ライセンスが8,980円と、昔、格安セールで買っておいた、かんたん!AITalk3 5話者パック ダウンロード版 優待販売 2,178円を使って動画を作成してみました。

なお、以下はYoutubeの動画説明にも記載しましたが、こちらでも説明しておきます。
DIYでこんなことができるというサンプル動画ですが、動画で紹介していることはフィクションではありません。

※ハンダ不良のショートによる発火やなどの危険性があります。相性問題でうまく動かない可能性もあります。自己責任にて運用してください。なお、温度データなどを一般公開するには気象庁の認証を通った機器や登録が必要だったかと思います。その点もご注意ください。作者は一切の責任を負いません。

・使用機材
Arduino Uno Rev3 https://www.amazon.co.jp/dp/B008GRTSV6/
Raspberry Pi 3 Model B https://www.amazon.co.jp/dp/B07K4CV1Y8/
ガイガーカウンターキット GC10 https://www.amazon.co.jp/dp/B005J9K4Y4/
HiLetgo BH1750FVI GY-302 光量センサモジュール https://www.amazon.co.jp/dp/B011IGZD7E/
Calloy GY-BME280 温湿度気圧センサー https://www.amazon.co.jp/dp/B07KR5G1BY/
SenseAir CO2 Engine K30 CO2センサモジュール https://www.amazon.co.jp/dp/B0756Y5GJC/
HiLetgo Arduino pro mini 2個セット https://www.amazon.co.jp/dp/B073PYLJDC/
※これ以外にもハンダごて、USBケーブルやArduino pro mini書込み用ケーブル、ラズパイ用のACアダプタなどを用意する

・ソース
Arduino Uno用 https://github.com/kubotan/sensor.local/blob/master/arduino_uno.ino
Arduino pro mini用 https://github.com/kubotan/sensor.local/blob/master/arduino_pro_mini.ino
Raspberry pi用 https://github.com/kubotan/sensor.local/tree/master/public_html/

・回路、配線図
(気力があれば掲載します)

Juniper SSG5の初期化とファームウェアアップデート

毎回忘れてしまうので_φ( ̄ー ̄ )

コンソールにログイン

まずはmacbookのターミナルを開き、USBシリアルケーブルをコンソールソケットに接続します。


$ ls -l /dev/tty.usbserial*
crw-rw-rw- 1 root wheel 20, 2 1 7 05:14 /dev/tty.usbserial-XXXXXXXX
$ sudo cu -l /dev/tty.usbserial-XXXXXXXX
Password: (macのパスワード)
Connected.
login: netscreen
password: netscreen

“Juniper SSG5の初期化とファームウェアアップデート” の続きを読む